スポンサードリンク

水素水の効果・効能

水素水

 

酸化還元効果・デトックス効果・ダイエット効果・美容効果・体質改善・アンチエイジング効果などが期待できます。

 

水素水の効果・効能には賛否両論あります。ハッキリ明確な科学的根拠はわかりませんが、効果を実感している人が大勢いるのも事実です。

 

例えば口コミや評判を調査すると「飲むと体がスッキリする」と大多数の方が答えているので、全く効果がないと言い切るのは難しく、多少の個人差は考えられますが体質改善には効果が期待できそうです。

 

水素水の期待できる効果・効能まとめ

水素水はデトックス効果に期待が持てます

 

水素は軽く小さいので、体の色々な細胞を通って細胞核の中にまで入り込むことが出来る浸透率の高い分子で、ビタミンなどでは通る事の出来ない所まで入る事ができると言われているものです。

 

水素水を摂り続けることで、酸化した体を元の状態に戻す効果に期待がもてます。このような抗酸化作用は「アンチエイジング」「デトックス」を目的とした使い方に適しています。

 

水素の浸透率は分子の中でも極めて高いため、水の中で脳まで浸透しやすく身体に行き渡りやすいので、体質改善したい方におすすめなのが水素水のミネラルウォーターです。

 

水素水で悪玉活性酸素を撃退?

 

人の病気の9割は活性酸素が原因と言われています。有名な例としてはガン細胞です。活性酸素によって攻撃されて突然変異したDNAがガン細胞となります。

 

活性酸素とは、酸素を凶暴にしたような分子で、体の中の細胞や遺伝子にまで攻撃を仕掛けて壊してしまいます。

 

老化の根本的原因は、活性酸素が血管を酸化し硬くすることです。人間は体内に入ってきた有害物質を排除しようとする時、白血球の武器として活性酸素を発生させ攻撃するしくみがあるからです。

 

活性酸素が発生するとき
  1. 紫外線・タバコ・食品添加物・アルコール・放射線などから守ろうとするとき。
  2. 基本的に普段の呼吸の2〜3%は活性酸素になってしまう。
  3. 特に「ストレスを感じた時」に一番多く発生する。

 

この様々な病気の根本的原因である活性酸素は、水素水を飲むことで、ある程度除去できる可能性があるという説もあります。

 

このことから水素水は「ダイエット」「体内のデトックス」「美容」などへの効果に期待が持たれており、実際、色んな形で商品化されています。

 

水素水は放射性物質に強い?

 

「水素水」は東日本大震災からメディアなどで紹介される事が多くなりました。その理由は水素が放射能に強い物質だと言われるようになったからです。

 

放射能に含まれている電磁波や粒子線が放たれると、体内の細胞は原子・分子レベルで傷つけられ破壊されます。すると人間の身体は本来の自然治癒力で体内の細胞などを再生しようとします。その時に活性酸素が作られます。

 

放射能の怖さは直接的な大量細胞破壊もそうですが、それを治す際に大量発生する活性酸素による病状悪化も隠れた真実です。

水素水の表示について

水素濃度が高いものを選べばいいわけではありません

 

水素濃度が高ければ効くわけではない?

  • 人間の体が取り込める水素の最大量は0.4ppm。
  • 取り込んだ水素の6割は呼吸と尿で排出されます。

 

飲む時に1.0ppmあれば最大限水素を体に取り入れることが出来るということです。そのため充填時に多めに水素を入れといて、飲むときにはなるべく1.0ppm前後に持っていけるようになっています。

水素水は開封時に水素が抜ける?

 

水素の開封、未開封の違い

  • 水素が水に溶ける最大量は1.6ppmです。
  • 圧をかけると溶ける量は増やせますが開封時に抜けてしまい1.6ppmに戻ります。

 

水素水は充填時に1.6ppm以上入っていればOKです

 

それ以上2.0…3.0…と、数字が増えた所で何も意味を持ちませんので、「数字が多いほうが効果がありそうだ」などと思わないように注意が必要です。

 

買う時にチェックすべき点は「溶存濃度が1.0ppm以上あるか」の確認しましょう。充填濃度だけの表示にだまされないでください。

 

水素水は「還元水素水」「活性水素水」「水素還元水」など色々な名称がありますが、すべての人に同じように効果が出るわけではないので、まずは「自分の体に合うかどうか?」を試してみる必要があります。

水素水を飲む時に重要なこと

  • 溶存濃度をチェック(飲む時に1.00ppm以上あるものを選ぶ)
  • とにかく飲みきること(一度に飲みきれる量のものを選ぶ)

 

水素水を1日に飲む量

 

基本的に水素水の1日の推奨摂取量に公式なものはありません。ただし、水素水の研究第一人者の太田成男教授(東京大学大学院薬学系研究科博士課程修了)は、飲む人の年齢や活性酸素量によるためハッキリ明言はできないが、

 

「1日に350〜500ml程度がいいのではないか」

 

というある程度の目安となる量を発表しています。(書籍『水素水とサビない身体: 悪玉活性酸素は消せるのか』より)

他の水のタイプの期待できる効果を見る方はこちら
スポンサードリンク