スポンサードリンク

冷え症改善には「硬度の高いアルカリ性の炭酸水」

冷え症の改善には硬度の高いアルカリ性の炭酸水が最も効果的です

 

冷え性にいい水は炭酸水

女性は元々男性に比べ筋肉量が少ないために体の燃焼能力が低く、冷え症になりやすい人が多いです。この本来の状態に運動不足が加わるとさらに冷えやすくなります。

 

そんな、冷え性の方には硬度の高いアルカリ性の炭酸水が効果的です。炭酸水に含まれる二酸化炭素が血中に溶け込むことで血中の二酸化炭素濃度が上がります。

 

すると体はその状態を「酸素が欠乏した状態」と誤認します。この状態を改善させるためには血中の酸素濃度を高める必要があります。

 

そのためには血流を促進させる必要があります。その結果、抹消部分にまで血液が行きわたり手足まで温まリます。

 

また、硬度の高い水にはカルシウムやマグネシウムなど新陳代謝を高めるミネラルが豊富に含まれています。アルカリ性の水も新陳代謝を向上させるのに助けになります。

 

「炭酸・ミネラル・アルカリ性」という三つの要素が揃うことが冷え症の改善には重要ということです。

 

肩こりにも「硬度の高いアルカリ性の炭酸水」が効果的

 

肩には首を支えるための筋肉が集まっています。筋肉の血流が悪くなると血液中の酸素が不足し、乳酸や老廃物が蓄積します。これが肩こりの正体です。

 

ですから肩こりも硬度の高いアルカリ性の炭酸水が効果的です。もちろん肩こりの原因には運動不足も考えられますので、こまめな水分補給と共に適度な運動も大切です。

 

注意事項としては、寝る直前に硬度の高い水や炭酸水を摂ることはお控えください。

 

ミネラルの消化にエネルギーが必要となるため睡眠中の体には負担が大きく、下痢を引き起こす原因となります。

便秘の改善には「超硬水」が効果的

便秘には「カルシウム・マグネシウム・サルフェート」を豊富に含む超硬水が効果的です。特にマグネシウムは「便を柔らかくする」作用があります。

 

そういった超硬水を朝目覚めてすぐにコップ一杯飲めば便通に非常に効果的です。できれば冷えている水の方が腸を刺激しますので、より便通がスムーズになります。

 

便秘は軽い病気ではありません

 

腸は摂取した栄養や水分の吸収、老廃物の排せつなどの役割を果たしているほか、免疫力を司る臓器としても活躍しているのでとても重要な臓器です。

 

人の免疫力の約70%が腸管の働きで決められているのが現状です。ですから腸管を活性化させることがいつまでも若々しく健康でいるための秘訣ともいえます。

 

腸管の働きを阻害するのが「便秘」などの便通障害です。便通障害が起こると腸内の環境を整えている善玉菌と呼ばれる体内の菌が著しく減少し、腸内の細菌バランスが崩れてしまいます。

 

腸内の細菌バランスが崩れると免疫力が低下してしまいますので、便秘を軽い病気のように考えていては健康で若々しい体を作ることができません。

ドライアイの改善と予防には「アルカリ性の軟水」が適しています

ドライアイは水分を補うことで血液の塩分濃度を正常に保つことができます。特に涙と似たような成分の「アルカリ性の軟水」を飲むことが効果的だと言われています。

 

ドライアイとは

ドライアイの改善にアルカリ性の軟水

ドライアイはパソコンなどの画面を凝視することで「涙が蒸発して起こる症状」です。パソコン等の発光の強い画面をじっと見ているとまばたきの回数が極端に減ってしまいます。

 

通常、涙の膜はまばたきによって再生されていますので、まばたきが減ることで目の乾燥は著しくなります。すると目に傷がつきやすく痛みやゴロゴロ感などの症状が現れます。さらには光がまぶしく感じたり、視界がかすんだりもします。

 

このように目の健康には「涙」が非常に重要な役割を果たしています。涙は血液がろ過されて作られているのですが、涙を出す涙腺には血液よりも塩分濃度が高い部分があり、血液中の水分がその塩分に導かれて涙腺から染み出し「涙」となっています。

 

ところが体内の水分量が減ると涙腺の塩分濃度よりも血液の塩分濃度の方が高くなり、涙腺へ水分が運ばれないようになり、結果として涙が適度に出ないドライアイになってしまいます。

 

眼精疲労には「硬度の高い炭酸水」が効果的

 

眼精疲労には硬度の高い炭酸水

同じ姿勢で何時間もパソコンに向かっていると筋肉が緊張して乳酸が溜まり、血流が滞って肩こりだけでなく目の血流も悪化して眼精疲労になります。

 

眼精疲労は乳酸の蓄積と血流の悪化が引き金となりますから、これを改善させるには硬度の高い炭酸水が適しています。

 

また、アルカリ性の水やサルフェートを含む水を組み合わせて摂取することで、目の疲労を癒やしつつ目に疲れを溜め込まない体質に導くことができます。

 

ミネラルが豊富な「桜島活泉水」

 

 

  • 水の粒子が通常のミネラルウォーターの2分の1以下
  • pH8.8〜9.5とキャベツ・バナナ・リンゴなどの野菜や果物と同じアルカリ性
  • 天然マイナスイオン還元水
  • カルシウム・マグネシウム・カリウム・ナトリウム・シリカ・サルフェートなどのミネラルの保有量が高い

 

「桜島活泉水」はその名前の通り、鹿児島県の桜島の火山層地下700mからくみ出された温泉水です。地域の方は「万病に効く飲む温泉水」として利用しており、末永く愛飲されています。

 

pH8.8〜9.5となると味の心配をしてしまいますが、「少し甘みがあり飲みやすい!」「まろやかですっきりとした味」「常温でもおいしく飲める」と評判です。

 

2箱(1箱:2Lペットボトル5本入り)
通常価格 お試し価格 定期便価格
4,598円 3,960円 4,321円

※税別価格です

 

※「桜島活泉水」の詳しい口コミはこちら

 

通常価格で考えると1本あたり460円ほどになるので、「高い!」という感覚になりそうですが、500mlで換算すれば115円です。コンビニや自動販売機でミネラルウォーターを購入すればそのくらいの価格になりますね。

 

ジュースや缶コーヒーを購入するよりも、自分の体のためにお水にしてみませんか?初回限定のお試し価格もあるので、ぜひご利用ください。

 

「桜島活泉水」の詳しい情報はこちら

 

スポンサードリンク