水マニアが教える水の種類と効果・効能

スポンサードリンク


更新日:2018年7月17日

ダイエットに最適な水の選び方と活用法・本気で痩せたい人必見!

水を飲む女性

 

私達が生きていくためには水が欠かせないもので普段から意識して水を飲むようにしている人も多いですが、水分補給が足りていない人が圧倒的に多いとも言われています。

 

汗や尿として一日に体から排出される水分が2〜2.5リットル、
食べ物などから摂取できる水分がだいたい1リットルと考えると、
水として摂取するべき量は、1.5リットル程度を目安にするべきと考えられます。

 

特にダイエット中は水分を積極的に補給することが望ましいので、少なくても1.5リットル以上は水を飲むようにしたいものです。

 

では、ダイエット中の水分補給で飲む水は、どんなものでも良いのでしょうか?
毎日飲むものなので、せっかくなら

 

  • ダイエット効果を発揮できる
  • 安全性が高い
  • コスパが良い

 

このような条件を満たす水を選びたいですよね。

 

ここではダイエット効果と安全性、コスパの面からダイエット中におすすめしたい水を紹介します。
あなたの体質や目的に合った水を選ぶ際の参考にしてください!

 

ダイエット中はどんな水でも良い?避けるべき水の種類

ダイエット中の女性

 

ダイエット中は特に水分補給を意識することが大事な理由は、代謝を高めて体に不要なものをどんどん排出しなければいけないからです。

 

ダイエット中でも食事を摂って消化しなければいけませんし、巡りを良くして体に不要な老廃物を体の外に出さなければいけません。

 

代謝が良くなるほど余分な脂肪を燃焼しやすくなり、新しい細胞へと生まれ変わる働きを促すため、肌トラブルを防ぎながらダイエット成功へと導くことも期待できます。

 

ダイエット中は積極的に水を補給したいものですが、水なら何でも良いと思いますか?

 

コスパを最優先させるなら、家庭の水道水を飲むのが一番安くて手軽な方法なので、ダイエット中に水道水を飲む人も多いようです。

 

でも、水道水には塩素やトリハロメタン(発ガン性物質)などの不純物が含まれているため、あまり積極的に飲まないほうが良いと言われています。

 

ダイエット中は水道水以外の水を検討することをおすすめします。

ダイエット中は硬水と軟水のどちらを選ぶべき?

ダイエット中の水は硬水と軟水どちらが良い?

 

水の種類は大きく分けると、硬水と軟水があります。

 

硬水と軟水の違いは「硬度」で、硬度とは1リットルの水にカルシウムとマグネシウムがどのくらい含まれているのかによって分かれます。

 

硬度の呼び方は一般的な基準とWHOの基準によって違いがあります。

一般的な基準
  • 軟水:0〜100mg/L未満
  • 中硬水:100〜300mg/L未満
  • 硬水:300mg/L以上
WHOの基準
  • 軟水:0〜120mg/L未満
  • 硬水:120mg/L以上

 


 

硬水と軟水の特徴を比較

 

硬水と軟水の特徴を比較してみると・・・

 

硬水 軟水
飲みやすさ クセがあって飲みにくい クセがないので飲みやすい
ミネラル含有量 多い 少ない
期待できる効果

便秘の解消
動脈硬化の予防
脂肪の吸収を抑える

デトックス効果
美肌効果

飲用以外の活用法 煮込み料理にも適している 赤ちゃんのミルクにも適している
注意したい人

腎機能が低下していると結石リスクが高くなる
胃腸が弱いとお腹が緩くなる
赤ちゃんや高齢者には負担が大きい

特になし

 

このような違いがあります。

 

どちらかと言えば、高いダイエット効果を期待するのであれば硬水がおすすめですが、持病がある方や飲みにくいため長期間続けるのが難しいという場合はおすすめできません

 

軟水は飲みやすくて、誰でも安心して飲めるという点でおすすめできます。

目的別・ダイエットにおすすめの水

ダイエットで水を上手に活用したい人の目的は人それぞれです。

 

 

…などの目的に応じて、管理人が厳選した水を紹介します!

 

飲みやすさを重視・ダイエットにおすすめの水

 

軟水を飲む人

 

飲みやすさを重視したい場合は、硬水ではなく軟水を選ぶようにしましょう。

 

軟水は硬水よりもミネラル成分が少なくても、ダイエットに役立つ成分が含まれている天然水を選んで日常的に補給していると、ダイエット効果を実感できます。

 

ダイエット中の水分補給に軟水をおすすめしたい人

 

  • 普段からゴクゴク飲める飲みやすさを重視したい人
  • 調理やお茶などにも使える水を選びたい人
  • 家族(赤ちゃんや高齢者)も安心して飲める水を選びたい人

 

ここではダイエットにおすすめできる軟水を3種類紹介します!

 

カラダこころ水

カラダこころ水の特徴
  • 硬度:78mg/L
  • 天然バナジウムも含有
  • 水源は地下150mの伏流水を使用
  • 備蓄水にも最適
最安のセット内容 2L×6本×4箱
最安の価格 12,096円(定期購入)
500mlあたりの価格 126円
1日あたりの価格 1.5リットルの場合378円
検査の実施 放射能検査、水質検査
カラダこころ水の総評

カラダこころ水にはバナジウムが豊富に含まれているのが特徴です。バナジウムはデトックス作用や脂肪燃焼を促進することが知られている成分です。バナジウムは人工的に添加されたものではなく、自然のままです。放射能検査や水質検査を定期的に行っており安全性が確認されています。

 

桜島活泉水

桜島活泉水の特徴
  • 硬度:2.75mg/L
  • シリカ、バナジウムも含有
  • 高アルカリ、マイナスイメージ還元水
  • 水の粒子が細かく浸透性が良い
最安のセット内容 12リットル×2箱
最安の価格 3,160円(定期購入)
500mlあたりの価格 66円
1日あたりの価格 1.5リットルの場合198円
検査の実施 不明
桜島活泉水の総評

シリカやサルフェートをバランスよく含んでいるので、デトックス作用や便秘の解消、むくみの改善などを実感しやすいのが特徴です。誰でも飲みやすい軟水なのでダイエットにも最適です。唯一、放射能検査などの有無について言及されていない点が残念なポイントです。

 

天海の水

天海の水の特徴
  • 硬度:10mg/L
  • 硬度を選べる
  • 赤ちゃんや高齢者も飲める
  • 室戸の海洋深層水
最安のセット内容 20L×1箱
最安の価格 1,960円(定期購入)
500mlあたりの価格 49円
1日あたりの価格 1.5リットルの場合147円
軟水・硬度250・硬度1000
お試しセット
980円
検査の実施 放射能検査
天海の水の総評

室戸沖の海洋深層水をそのまま使用しており、豊富なミネラルを含んでいます。目的に応じてお好みの硬度を選べるのが特徴で、軟水に関しては赤ちゃんや高齢者でも安心して美味しく飲める硬度です。

 

ダイエット効果を重視・ダイエットにおすすめの水

 

ダイエットで硬水を選んだ人

 

ダイエット効果を重視したいのであれば、ミネラルの含有量が多い硬水がおすすめです。
特にマグネシウムの含有量が多いほど便秘解消にも役立つのが特徴です。
硬度が高いほど飲みにくさを強く感じるため、少量から慣れるようにすると良いでしょう。

 

ダイエット中の水分補給に軟水をおすすめしたい人

 

  • 便秘で下腹がぽっこりしている人
  • ダイエットだけでなく健康維持にも役立てたい人
  • ダイエット中に不足しがちなミネラル補給をしたい人

 

ここではダイエットにおすすめできる硬水を3種類紹介します!

 

天海の水 硬度250

天海の水 硬度250の特徴
  • 硬度:250mg/L
  • 硬度を選べる
  • マグネシウム含有量が多い
  • 室戸の海洋深層水
最安のセット内容 10L×2箱
最安の価格 3,990円(定期購入)
500mlあたりの価格 100円
1日あたりの価格 1リットルの場合200円
軟水・硬度250・硬度1000
お試しセット
980円
検査の実施 放射能検査
天海の水 硬度250の総評

室戸沖の海洋深層水を使用しており、硬度が高くて美容や健康維持に役立てたい方から高評価を得ています。硬水ですが比較的飲みやすいという口コミが多いです。更に硬度が高い硬度1000への入門編として硬度250から飲み始める人が多いようです。

 

のむシリカ

のむシリカの特徴
  • 硬度:140mg/L
  • バナジウム、サルフェート、シリカ含有
  • J-FOODS 取得済み工場で製造
  • カルシウムとマグネシウムの含有比率が理想的
最安のセット内容 500ml×24本×2箱
最安の価格 7,200円(定期購入)
500mlあたりの価格 150円
1日あたりの価格 1リットルの場合300円
検査の実施 不明
のむシリカの総評

シリカやサルフェート、バナジウムが含まれており、マグネシウムとカルシウムのバランスが良いことからダイエットに最適な硬水です。ただ、放射能検査の実施について言及されていない点がマイナス要素なのが残念なポイントです。

 

天海の水 硬度1000

天海の水 硬度1000の特徴
  • 硬度:1000mg/L
  • 硬度を選べる
  • マグネシウム含有量がかなり多い
  • 室戸の海洋深層水
最安のセット内容 10L×2箱
最安の価格 5,985円(定期購入)
500mlあたりの価格 150円
1日あたりの価格 500mlの場合150円
軟水・硬度250・硬度1000
お試しセット
980円
検査の実施 放射能検査
天海の水 硬度1000の総評

かなり硬度が高い室戸沖の海洋深層水を手軽に補給できます。マグネシウムをはじめとしたミネラルの含有量が多いため、1日コップ2〜3杯でも十分なくらいです。足りない水分はコスパの良い軟水を活用しても良いでしょう。

 

コスパを重視・ダイエットにおすすめの水

 

コスパ重視で水を選ぶ人

 

ダイエット中は継続してしっかり水分補給しなければいけません。
確かにダイエットに役立つミネラルが豊富に含まれる水を選ぶことも大切ですが、長期間継続することで家計を逼迫させるようでは長く続けられません。

 

長期間に渡ってしっかりダイエットを続けて成功させるためにも、コスパの良い水を選ぶという選択肢もおすすめです。

 

コスパの良い水をおすすめしたい人

 

  • 長期間飲み続けるつもりの人
  • あまり家計に負担をかけずにダイエットをしたい人
  • お手頃価格でもミネラルが含まれている水を選びたい人

 

ここではダイエットにおすすめできるコスパの良い水を3種類紹介します!

 

シリカビヨンド

シリカビヨンドの特徴
  • 硬度:35mg/L
  • 天然シリカと水晶シリカを含有
  • 1日1本で十分
最安のセット内容 3週間トライアル(330ml×20本)
最安の価格 2,700円
330mlあたりの価格 135円
1日あたりの価格 330mlの場合135円
1週間トライアルセット(7本)
980円
検査の実施 不明
シリカビヨンドの総評

美容に役立つシリカをたっぷり含んでいるため、キレイになってダイエットを成功させたい人におすすめです。1日1本だけで十分なシリカを摂取できるので、他の水分はもっとコスパの良いミネラルウォーターでも構いません。

 

天海の水

天海の水の特徴
  • 硬度:10mg/L
  • 硬度を選べる
  • 赤ちゃんや高齢者も飲める
  • 室戸の海洋深層水
最安のセット内容 20L×1箱
最安の価格 1,960円(定期購入)
500mlあたりの価格 49円
1日あたりの価格 1.5リットルの場合147円
軟水・硬度250・硬度1000
お試しセット
980円
検査の実施 放射能検査
天海の水の総評

天海の水・軟水はコスパにも優れているのでおすすめです。普段の水分補給や料理などにも活用できる万能タイプの水です。

 

サントリー 南アルプスの天然水

サントリー 南アルプスの天然水の特徴
  • 硬度:30mg/L
  • コスパがとても良い
  • 北杜市白州町の悠大な自然が育んだ天然水
最安のセット内容 2L×6本×2箱
最安の価格 1,244円
500mlあたりの価格 26円
1日あたりの価格 1.5リットルの場合78円
検査の実施 放射能検査、微生物検査、官能検査、科学検査など
サントリー 南アルプスの天然水の総評

大手飲料会社が販売さいている商品で、しっかり品質検査を実施しているため安全性が高く、ミネラル含有量もちょうどよいコスパに優れたお水です。サントリーの天然水シリーズは他にも阿蘇や奥大山がありますが、南アルプスは名水百選にも選ばれているという点でもおすすめできます。

水ダイエットの正しいやり方

水ダイエットで成功した人

 

水ダイエットは誰でも簡単に始められて、成功する可能性が高いとも言われています。

 

水ダイエットのメリットとしては・・・

 

  • 今すぐにでも始められる
  • 巡りが良くなり老廃物を排出しやすい
  • むくみが解消できる
  • お肌の調子が良くなる
  • あまりお金がかからない
  • 空腹感をごまかせる

 

などが挙げられます。

 

水ダイエットを成功させるコツ・正しいやり方を守る

 

水ダイエットとは、ただ水を飲めば良いというものではありません。
正しいやり方をしっかり守らなければ良い結果は出てこないので、以下のポイントを必ず守ってください。

 

一日に飲む量を守る

 

水ダイエットでは、どんどん水を飲まなければいけない!と考えている人も多いですが、多ければ多いほど良いものではありません

 

水を飲みすぎると水中毒に陥る恐れもあるので注意してください。
⇒水中毒については詳しくはこちらで解説しています

 

だいたいの目安としては体重の4%にすると良いと言われています。
現在の体重が60キロの人は、2.4リットルを目安にすると良いでしょう。

 

ただし、食事や他の飲み物から水分を摂取することを考えた場合、1.5〜2リットルくらいに調整した方が良いとの考え方もあります。

 

少なくても、上限は体重の4%までとわかっていれば、飲みすぎて水中毒になるリスクがなくなるので、一日の目安摂取量を必ず守りましょう。

 

水はキンキンに冷やさない

 

冷たい水を飲むと内臓が冷えて逆に代謝が悪くなりダイエットにも悪影響を与えます。

 

必ず常温の水を飲むか、白湯にして内臓に負担を与えないようにしてください。

 

特に硬水は飲みにくいため冷やした方が飲みやすいという人もいますが、冷やして飲むのは止めておきましょう。

 

食前に水を飲む

 

水ダイエットのコツは食前に飲むようにすることが大事なポイントです。食前に飲むとお腹が膨れて食事量を減らせるというメリットがあります。

 

食事の1時間くらい前になったらコップ1〜2杯を飲むようにしてください。

 

また、飲み方は一気に何杯もゴクゴク飲むのではなく、少しずつ飲むのもポイントです。

 

食前に限らず、お腹が空いてきたなと思ったら水を飲んで気を紛らわせるのも良いですね。

スポンサードリンク