島原湧水群

スポンサードリンク


更新日:2018年4月12日

島原湧水群の自然水の特徴と期待できる効果

水の都に湧く名水

 

島原湧水群

島原市は昔から湧水が多く存在しており、住民の生活に欠かせない資源として珍重されていたことから水の都とも呼ばれていました。市内には50ヶ所もの湧水があり、総称して島原湧水群として名水百選にも選定されています。

 

多くの湧水が存在する理由は、1792年に起こった雲仙岳の噴火による地殻変動だと言われていますので、自然災害によってもたらされた自然の恵みとも言えるでしょう。

 

  • デトックス効果
  • 美容効果

 

島原湧水群の水をペットボトルに詰めて商品化させた「雲仙島原の天然水」は、酒造りを手がける会社が販売しています。美味しいお酒には美味しい水が欠かせません。酒造りに使われており、無色透明の飲みやすいお水と好評です。

 

水質データ
  • 硬度:38mg/L
  • pH :7.3
  • 水温:約11〜18度
  • 湧出量:平均約46,000トン/日
栄養成分(1000mlあたり)
  • カルシウム・・・81mg
  • マグネシウム・・4.3mg
  • ナトリウム・・・5.2mg
  • カリウム・・・・1mg
楽天での購入者の口コミ
  • すっきりして飲みやすい身体がキレイになりそうなミネラルウォーターです。
  • まろやかでとても飲みやすく、冷やさなくても常温でも美味しくいただけます。

 

島原湧水群から採水した「雲仙島原の天然水」販売者情報
販売者 合資会社山崎本店酒造場
所在地 長崎県島原市白土町1065
公式HP http://www.yamasaki-syuzo.co.jp/mizu.htm

 

 

場所情報
  • 長崎県島原市白土桃山2丁目
  • 島原市の至るところに湧水地があり、飲用もできます。
  • 水の都と呼ばれるのに相応しい、湧水が流れる光景や鯉がゆったりと泳ぐ光景などを眺めてリラックスできます。
  • 水の恵みに感謝するお祭りやイベントが開催されており、多数の観光客が訪れています。

 

 

スポンサードリンク