水の選び方|ダイエットや二日酔いの予防をしたい方

スポンサードリンク


更新日:2017年12月11日

ダイエットには「超硬水」が効果的

ダイエットには超硬水が効果的

ダイエットには水を飲むのが効果的です。空腹を紛らわす効果もありますが、より積極的に効果を実感したい方は硬度が1リットル当たり1000mg以上の超硬水がおすすめです。

 

ヨーロッパでは硬度が1リットル当たり1000mg以上の硬水は「スリムウォーター」と呼ばれています。日本でも人気のコントレックスなどがその代表です。

 

超硬水にはカルシウムもマグネシウムも豊富に含まれています。

  • 「カルシウム」

    体内の臓器が活発に動きダイエット中のイライラも鎮静させる働きがあります。

  •  

  • 「マグネシウム」

    カルシウムの働きを助け血流を安定させる作用があります。便を軟らかくする作用もありますのでダイエット中に便秘になるのも防いでくれます。

 

ダイエット中の偏った食事のためにミネラルが不足すると、体がミネラルの摂取を求めてリバウンドしやすくなりますが、超硬水を飲んでいたらそのようなミネラル不足に陥る心配もありません。

 

また、超硬水の良いところは「サルフェート」を多く含む所にもあります。サルフェートには利尿作用がありますので、体内の有害成分を排出する助けになります。

 

日本では殆ど超硬水は採れないので、ヨーロッパ産の水を選ぶことが多くなるかと思います。

 

ダイエット中の水 適切な量とタイミング

超硬水の炭酸水はダイエットにぴったり

ダイエット中は1日に摂取する水の量も増やし「夏は3リットル・冬は少なくとも2リットル」は飲むようにします。そうすれば少しずつ余分な脂肪が減っていき健康的に痩せることができます。

 

そしていつ水を飲むかも重要です。水をただ大量に飲むだけでは思うような効果は得られません。「空腹を感じる時に水をコップ一杯」飲みます。

 

炭酸水は食欲を抑える効果がありますので、超硬水の炭酸水を飲むのも効果的です。そして尿意は我慢せずに「水をしっかり飲んで、しっかり出す」を繰り返します。

 

体をアルカリ性に保つ事も大事

太り気味の人はご飯やパンなどの「炭水化物・肉・魚・卵・チーズ」を好む傾向にあります。これらは全て酸性の食品です。

 

食べすぎれば体液が酸性に傾いて代謝が悪くなり、脂肪を溜め込んでしまいます。

 

ダイエットのためには「野菜」や「果物」や「キノコ類」などのアルカリ性食品をバランスよく食べ、体をアルカリ性に保つように心がけます。

 

もちろん食事だけでなく毎日の水をアルカリ性にするだけでも効果は高まります。

 

野菜てんこ盛り画像  果物てんこ盛り画像  きのこてんこ盛り画像

 

その他としてダイエット中は飲む水の温度も大事なポイントになります。37度の温水よりも22度の水の方がカロリー消費を強く促すという研究結果もあります。

 

これは体内に入った冷たい水を体温に近づけるように大量にエネルギーが消費されるからです。ですから、できれば低温の水をダイエット中は摂取するように心がけましょう。

悪酔いや二日酔い予防に「水」

二日酔い イラスト

アルコールには利尿作用があり、特にビールは強力な利尿作用を持っています。飲めば飲むほどトイレに行く回数が増え、体内の水分は奪われてしまいます。

 

体内の水分量が減ると血流が悪くなり「悪酔い」や「二日酔い」になってしまいます。

 

また、アルコールを摂取すると体内でアセトアルデヒドという有害物質が発生します。

 

このアセトアルデヒドも悪酔いを引き起こす原因となります。アセトアルデヒドが吐き気・動悸・血管拡張などの症状を引き起こします。

 

お酒と一緒に水を飲むことが重要

お酒と一緒に水を飲みましょう

ところが水はこれらの弊害をまとめて取り除く作用があります。弊害を取り除くだけでなく、水を飲めば脱水症状を防ぐことができます。

 

また、水には解毒作用もありますのでアセトアルデヒドを体外に出す作用があります。

 

そして、アルコールを飲むときに一緒に水を摂ることで体内の熱も鎮静しますので、必要以上に神経が高ぶるのも抑えてくれます。

 

ストレス解消のためにお酒を飲む人もいますが、深酒を防ぐためにも水を一緒に摂るように心がけましょう。

水を飲めば悪酔いも防げます

 

特に強力な利尿作用のあるビールを飲む前には水をコップに一杯飲みましょう。そしてビールをお代わりする時には水もお代わりするようにペースをそろえましょう。

 

  • ビールによく合う水は「軟水のミネラルウォーター」です。
  • 辛口の日本酒には「硬水」が合います。
  • (特にコントレックスのような硬度の高い水が辛口の日本酒にマッチします)

 

それでもお酒が過ぎて二日酔いになってしまった時も、水分をしっかり補うためにアルカリイオン水などのアルカリ性の水をたくさん摂取すると効果的です。

スポンサードリンク

水の選び方|ダイエットや二日酔いの予防をしたい方関連ページ

慢性的な疲労・熱中症、脱水状態
慢性的な疲労や熱中症での脱水状態などのさいに効果的な水について紹介しています。水には色々と特性がありますので、その時の個人が置かれている状況にぴったりと合った水を飲みましょう。
冷え症や肩こり・ドライアイや眼精疲労・便秘症の方
冷え症や肩こり・眼精疲労・便秘症の方などに効果的な水について紹介しています。水には色々と特性がありますので、その時の個人が置かれている状況にぴったりと合った水を飲みましょう。
更年期障害や高齢者の方
更年期障害や高齢者の方などに効果的な水について紹介しています。水には色々と特性がありますので、その時の個人が置かれている状況にぴったりと合った水を飲みましょう。
腎臓や胃腸が弱い・脳梗塞、心筋梗塞、高血圧・腎臓結石、胆のう結石
腎臓や胃腸が弱い・脳梗塞、心筋梗塞、高血圧・腎臓結石、胆のう結石などに効果的な水について紹介しています。水には色々と特性がありますので、その時の個人が置かれている状況にぴったりと合った水を飲みましょう。